Office系ソフトのデータをDTP用のデータへ

29/10/15

システム部MES課のSです。

近年、Office系ソフトで表やグラフを作成してくることが当たり前になってきました。

使い方次第ではポスター作成など色々出来る様に機能も充実してきています。

が、Office系ソフトは印刷用ソフトではありません
(OfficeはRGBです。よって、印刷用CMYKにすると色調が変わってしまいます。)

 undefined

 

そこで問題となるのがデータの変換方法です。

Office系ソフトでPDFMakerを用いて出力したPDFや、Mac OS XのOSの機能(Quartz)でプリントアウトダイアログから出力されるPDFを用いて、印刷用のデータとして使用すると出力エラーになることがあります。

要するに、データと同じ様になる出力結果が得られない場合が発生します。

原因・・・・・

透明効果が特定のパターンの場合に不具合が発生するようです。
透明オブジェクトに関係する不要なオブジェクトが作られたり、必要なオブジェクトが消えた状態に見える問題が発生します。

回避方法1・・・・・

PDFを書き出し、崩れた部分を元図(見本原稿)に合わせて修正します。

回避方法2・・・・・

「グラフや表」はサイズや書体、Q数などを指定して頂いて書き直すのが、一番安全できれいに仕上がる様な気がします。

 

〜追記〜

Office系ソフトで作ったPCの環境に依存する傾向にあるので、作成者と同じ環境でないと同じに開けない。と言う事は多々あります。

同じ様に開けない原因は「フォントの問題」です。通常のPC付属フォント,あるいはOffice付属フォントだけを用いて作成されたデータであれば問題ありませんが,別のソフトのインストールなどによりインストールされた特殊なフォントを使ったりすると,そのフォントがインストールされていないパソコンではフォントが置き換わってしまうのです。結果的にフォントずれに応じて画像配置などもずれてしまって,制作者の希望通りの表示とはならない事があります。