After EffectsとLog撮影について

システム部のNです。

前回は「Adobe After Effects」の「Lumetri Color」について少し触れました。
いよいよLumetri Colorの本格的な使用方法を説明させていただきます。

カメラに「Log撮影」という機能があるのをご存知でしょうか?

市販のビデオカメラ、一眼レフカメラ全てに搭載されているわけではないのですが、通常よりも多くの色域情報などが収録可能になる、カラーグレーディング(色補正)を前提とした機能です。

Log撮影をした映像にLumetri Colorを使用すれば表現の幅がさらに広がります。

 

undefined

undefined
      a:Natural撮影 b:Log撮影

 

Log撮影は浅く、くすんだ映像が特徴です。これは色域などの情報が固められずに保存されているからです。カラーグレーディングをしないとNatural撮影より劣る映像になってしまいます。

a、 bの映像に前回と同じく「エフェクト」→「カラー補正」→「Lumetri Color」→「クリエイティブ」→「Look」を適用します。

 

undefined

undefined

 

aのNatural撮影では黒く潰れていた箇所があったため、全体的に暗い画面になりますが、bのLog撮影では明暗の情報も多く取り込んでいたため、自然なトーンが保たれています。

undefined

 

Lumetri ColorはLookのようにプリセット感覚で色補正を適用後に、彩度やシャドウ、ハイライト色の調整ができます。もちろんユーザーがゼロから設定することも可能なので、自分だけの世界観を作ることができます。

Logデータは容量が大きいので注意が必要ですが、動画の色調にこだわってみたい方にはお勧めの撮影方法なので、ぜひ挑戦してみてください。

 


特色の分色値について

DS課のNです。

 今回はDIC などの特色に纏わる話をしたいと思います。
 2色(特色+K)の場合は,そのままデータが使用できるので問題はなく進行できます。
 4色の写真や画像が入っている場合でも,5色(特色+CMYK)であれば,これも問題なく進行することができます。
 問題はカラー台は4色と指定された場合、台や、そのウラ/オモテのどちらかを、4色(CMYK)に変換しなければなりません。このとき『特色』から『CMYK』に『分色』し,置換する作業が加わります。
 分色の数値は使用するソフトによって大きく異なり(下図参照),注意が必要となります。

undefined

 

undefined

 

 また,単純に分色したものでなく『色校正』を行い,色見本を作成している仕事もあったりします。
 このことを心の片隅にとめておくことで,注意喚起の一助になれば幸いです。

 


犬も歩けば棒に当たる

営業部のOです。

我が家には好奇心旺盛で活発な愛犬のプードルがいます。
帰宅をすると尻尾をブンブンしながら玄関先までお出迎えしてくれます。
どうやらドアの音に反応するようで、配達のお兄さんが来てもニコニコと愛嬌を振りまいて出てきます。担当のお兄さんも嬉しいようで、最近ではおやつをいただけるまで仲良くなりました。笑顔と愛嬌は大切ですね。きっとこの子が営業をしたら沢山の案件を取ってくるのだろうと思います。笑

 タイトルのことわざのように、仕事も真剣に取り組んで行動していると、「災難」にも「幸福」も当然のように起こります。自分は不器用で要領の良い人間ではないので、人より失敗がおおいかも知れません。でもそこから学んだことも沢山あります。今回は、仕事での失敗から学んだことを簡単ではありますが書きたいと思います。

【失敗談】君とは仕事をしたくないよ!と言われた件。
入社から数年が経過し基本的な仕事は経験してもう学ぶことはないと高を括り自分勝手な考えを持っていた時期でした。自分の決めた判断で連絡もせずに手配書だけを送った時に担当者から「相談も打ち合わせもしない営業とは仕事をしたくない」と𠮟られました。
仕事は一人でやるものではなく、周りと協力して行うものだと教えていただいた方には感謝をしています。

【学び】相手の立場になって考える。
この失敗から関わる人が“どうすれば喜んでもらえるか”を考えて上手く回るように仕事を組み立てていくことを意識するようになりました。

まだまだ半人前の自分もいつの間にか中堅に。会社の中では自分より下の若い世代が優秀で活躍をしています。仕事をつづけていると壁にあたり自身を失うこともあるかと思います。しかし失敗を失敗のまま終わらせずに、出来るまで繰り返し努力してきた分。その経験が後になって自分だけの宝物になると思います。


散歩中に撮った愛犬の写真が偶然にもある偉人にそっくりだったので、最後に偉人の名言を紹介して終えたいと思います。それがこの言葉。

 

undefined
「問題が生じたときと同じ考え方をしていたら解決はできない」
-----アインシュタイン-----

 

失敗をした時は、まず原因を調べ、別の角度から問題を見直し、新しいことにチャレンジする邁進力と、失敗に向き合いこれまでの考え方を変える柔軟性。失敗を前向きにとらえ成長するためにはこの二つが必要であること。またその先の「幸運」という棒に当たる為には笑顔と愛嬌も大切なことをアインシュタイン犬は教えてくれているようです。

 


← 古い記事