ハイブリッドUV印刷機
 ハイブリッドUV印刷機とは、環境に優しい省電力なUVランプと、有機溶剤を使用しない高感度UVインキを用いた革新的なUV乾燥システムを搭載した印刷機です。
 有機溶剤を省くため、食品・化粧品・玩具の印刷に適しています。
 従来の印刷機に比べ、短納期・高品質でお客様にご提供できる印刷機です。

 菊半裁・四六半裁・A全・菊全・四六全判と5台のUV機を揃え、各サイズのUV機の特性をいかし高品質と対応力にお応えします。
ハイブリッドUV印刷機のメリット
超短期納期対応
 従来の印刷機では、印刷物の両面を印刷する際、まず裏面を印刷した後に半日以上の乾燥時間を置き、その後に表面を印刷する必要があり、乾燥工程中に時間的ロスが発生していました。
 このハイブリッド-UV印刷機は速乾性の高いUV乾燥システムを搭載しているため、印刷後の乾燥待ちの時間が不要となり、裏面印刷直後に表面を印刷できるので、納期に大幅短縮が可能です。
ドライダウン無し
 従来の印刷機では、印刷後のインキ乾燥中に印刷濃度が減少してしまう(ドライダウン)場合があり、印刷トラブルの原因となっていました。
 これに対し、ハイブリッド-UV印刷機では耐光性、定着性、画像保存安定性に優れた高感度UV印刷機用インキを使用しており、速乾で耐摩擦性向上するため乾燥させる必要がなく、安定した色再現が可能です。
パウダーレスのキレイな仕上がり
 従来の印刷機では、印刷後のインキ乾燥中に用紙のインキが重ねられた状態で貼り付いてしまうこと(ブロッキング)を防ぐため、ブロッキング防止パウダーを紙に散布してました。
 パウダーが印刷面に付着してしまうとザラツキの原因となっていましたが、速乾性の高いハイブリッド-UV印刷機ではパウダーを使用せずに印刷いたします。

▲トップページへ