企業情報
沿革
大正 1923年3月 創業者永井幹が東京府葛飾郡亀戸町3268にて印刷業を興す
昭和 1937年3月 永井佐波太郎が「永井三法社」を継承拡大
1937年7月 「永井三報社」に改称
1949年1月 「三報社印刷株式会社」に改組設立
資本金100万円
諸官庁、医学書籍関係、自然科学書印刷物の分野を開拓
1957年12月 資本金200万円に増資
1960年2月 資本金400万円に増資
1962年3月 資本金800万円に増資
1967年9月 江東区亀戸5丁目に本社社屋を完成
1972年3月 資本金1500万円に増資
1974年2月 資本金2500万円に増資
1980年8月 資本金8000万円に増資
1982年4月 永井佐波太郎代表取締役会長に、永井祥道代表取締役社長にそれぞれ就任
江東区亀戸7丁目にオフセット工場を建設し、電算写植部門を新設
1982年7月 写研製CRT写植機SAPTRON-APSμ5システム一式を導入し、省力化、スピード化をはかる
1987年1月 江戸川区松江に江戸川印刷工場を建設し、オフセット部門を増強
平成 1989年6月 資本金9600万円に増資
1990年6月 栃木県黒磯市(現・那須塩原市)に那須工場を建設し、電算写植部門を増強
1993年4月 大日本スクリーン製カラースキャナー、製版システムなど一式を導入し、カラー製版部門を新設
1995年3月 大日本スクリーン製統合処理システムレナトス一式を導入
1996年3月 大日本スクリーン製ページ集版システムページコンプ一式およびDTP設備を導入
1997年11月 サイテック製フラットベッドスキャナー導入
1998年8月 写研製グラフシステム一式導入
1999年3月 写研製写研DTPシステム一式導入
2000年11月 Windows─DTP AVANASシステム一式、B1フィルムセッター増設
2001年10月 Trueflowシステム、CTPシステム一式、デジタルコンセンサス、コピードット導入
2003年3月 Trueflowシステム、コピードット増設
菊全判5色刷印刷機導入
2004年9月 四六全判両面単色刷印刷機導入
CTP設備/PT─R8600増設
2005年3月 四六全判4色刷印刷機導入
CTP設備をアップグレード
2005年11月 ISO9001認証取得
2006年11月 モリサワDTPシステム導入
2007年3月 日印産連グリーンプリンティング工場の認定取得
2007年10月 江戸川印刷第二工場建設、稼働開始
四六全判両面2色刷印刷機導入
2008年1月 菊半裁判4色刷印刷機増設
モリサワDTPシステム増設
Mac-OS Xシステム増設
2008年3月 デジタルコンセンサスプレミアム増設
2008年10月 オンデマンド印刷機(DocuColor 8000AP)導入
2009年2月 オンライン校正システム(DALIM DiALOGUE)導入
2009年4月 CTP設備/PT-R4300S(四六半裁判)増設
2009年5月 四六半裁4色印刷機導入
2009年8月 菊全判両面2色印刷機導入
2009年9月 オンデマンド印刷機(Nuvera 144EA)導入
2010年12月 関連会社 三協美術印刷(株)北品川営業所を開設
2011年8月 菊全判5色印刷機H-UV導入
2011年9月 CTP設備/PT-R8900S導入
2012年2月 江戸川工場増設
2012年5月 反転高積紙揃機導入
2013年3月 反転高積紙揃機導入
2013年6月 関連会社 三協美術印刷㈱東麻布三協ビル開設
2013年9月 四六半裁4色機H-UV導入
2013年11月 EQUIOSシステム導入
2013年12月 Windows─DTP 増設
2014年2月 四六全判両面単色機導入
2014年3月 四六全判両面2色機導入
サンポー江戸川増築
2015年3月 四六全判4色機H-UV導入
2015年6月 五反田営業所開設
2015年7月 Japan Color認証取得
2015年11月 江戸川工場サンポー松江ビル倉庫竣工
2015年12月 菊半裁4色機H-UV導入
菊全判ラミネーター(PP貼り)機導入
2016年3月 オンデマンド印刷機(Color 1000i Press)導入
製本設備セット導入
2016年7月 四六全判2色両面印刷機導入
2016年10月 A全判4色機H-UV導入
2017年6月 Kaleido®認証取得
プライバシーマーク認証取得
CT628Exa(オートカッター)導入
1923年3月
創業者永井幹が東京府葛飾郡亀戸町3268にて印刷業を興す
1937年3月
永井佐波太郎が「永井三法社」を継承拡大
1937年7月
「永井三報社」に改称
1949年1月
「三報社印刷株式会社」に改組設立
資本金100万円
諸官庁、医学書籍関係、自然科学書印刷物の分野を開拓
1957年12月
資本金200万円に増資
1960年2月
資本金400万円に増資
1962年3月
資本金800万円に増資
1967年9月
江東区亀戸5丁目に本社社屋を完成
1972年3月
資本金1500万円に増資
1974年2月
資本金2500万円に増資
1980年8月
資本金8000万円に増資
1982年4月
永井佐波太郎代表取締役会長に、永井祥道代表取締役社長にそれぞれ就任
江東区亀戸7丁目にオフセット工場を建設し、電算写植部門を新設
1982年7月
写研製CRT写植機SAPTRON-APSμ5システム一式を導入し、省力化、スピード化をはかる
1987年1月
江戸川区松江に江戸川印刷工場を建設し、オフセット部門を増強
1989年6月
資本金9600万円に増資
1990年6月
栃木県黒磯市(現・那須塩原市)に那須工場を建設し、電算写植部門を増強
1993年4月
大日本スクリーン製カラースキャナー、製版システムなど一式を導入し、カラー製版部門を新設
1995年3月
大日本スクリーン製統合処理システムレナトス一式を導入
1996年3月
大日本スクリーン製ページ集版システムページコンプ一式およびDTP設備を導入
1997年11月
サイテック製フラットベッドスキャナー導入
1998年8月
写研製グラフシステム一式導入
1999年3月
写研製写研DTPシステム一式導入
2000年11月
Windows─DTP AVANASシステム一式、B1フィルムセッター増設
2001年10月
Trueflowシステム、CTPシステム一式、デジタルコンセンサス、コピードット導入
2003年3月
Trueflowシステム、コピードット増設
菊全判5色刷印刷機導入
2004年9月
四六全判両面単色刷印刷機導入
CTP設備/PT─R8600増設
2005年3月
四六全判4色刷印刷機導入
CTP設備をアップグレード
2005年11月
ISO9001認証取得
2006年11月
モリサワDTPシステム導入
2007年3月
日印産連グリーンプリンティング工場の認定取得
2007年10月
江戸川印刷第二工場建設、稼働開始
四六全判両面2色刷印刷機導入
2008年1月
菊半裁判4色刷印刷機増設
モリサワDTPシステム増設
Mac-OS Xシステム増設
2008年3月
デジタルコンセンサスプレミアム増設
オンデマンド印刷機(DocuColor 8000AP)導入
2009年2月
オンライン校正システム(DALIM DiALOGUE)導入
2009年4月
CTP設備/PT-R4300S(四六半裁判)増設
2009年5月
四六半裁4色印刷機導入
2009年8月
菊全判両面2色印刷機導入
2009年9月
オンデマンド印刷機(Nuvera 144EA)導入
2010年12月
関連会社 三協美術印刷(株)北品川営業所を開設
2011年8月
菊全判5色印刷機H-UV導入
2011年9月
CTP設備/PT-R8900S導入
2012年2月
江戸川工場増設
2012年5月
反転高積紙揃機導入
2013年3月
反転高積紙揃機導入
2013年6月
関連会社 三協美術印刷㈱東麻布三協ビル開設
2013年9月
四六半裁4色機H-UV導入
2013年11月
EQUIOSシステム導入
2013年12月
Windows─DTP 増設
2014年2月
四六全判両面単色機導入
2014年3月
四六全判両面2色機導入
サンポー江戸川増築
2015年3月
四六全判4色機H-UV導入
2015年6月
五反田営業所解説
2015年7月
Japan Color認証取得
2015年11月
江戸川工場サンポー松江ビル倉庫竣工
2015年12月
菊半裁4色機H-UV導入
菊全判ラミネーター(PP貼り)機導入
2016年3月
オンデマンド印刷機(Color 1000i Press)導入
製本設備セット導入
2016年7月
四六全判2色両面印刷機導入
2016年10月
A全判4色機H-UV導入
2017年6月
Kaleido®認証取得
プライバシーマーク認証取得

▲トップページへ