Microsoft office onlineアプリ

システム部のSです。

今回は、無料のMicrosoft OfficeOnlineアプリを使ってみようと思います。
必要なモノはネットワークとブラウザだけ!
インストールは必要ありません。家庭用として使うなら十分です。

 

① Microsoftアカウントでサインインをします。

undefined


② 上部の一覧から使いたいソフトを選択します。
  (今回はPowerPointを使ってPDFデータを作成します)

undefined

 

③ 画面右上の方にあるプレゼンテーションのアップロードを選ぶと作成済みのファイルを開けます。テンプレートから新しいファイルを作成することも可能です。

undefined


④ 上部ファイルメニューから「形式を指定してダウンロード」を選択します。

undefined

 

⑤ PDFとしてダウンロードを選びます。

undefined

 

⑥ ダウンロードフォルダに変換したPDFが入ります。

 

以上です。

OfficeOnlineとOffice2016(Office365)ではもちろん機能の差があります。
マクロが動く動かないの差だったり各ソフトによって違いがあります。
OfficeOnlineの大きなメリットはOneDriveなどにデータを入れておけば簡易的な編集などいつでもどこでも作業が可能なことです。

 


箱型選択

三協美術印刷のTです。

三報社ではテキストエディタとしてMIFES(マイフェス)というソフトがよく使用されています。このソフトはWindows版だけで、Macintosh版が販売されていないのが残念ですが、MIL言語と呼ばれる組込のマクロ言語を実装していて、柔軟なカスタマイズが可能で非常に多くのユーザーがいます。

MIFESには昔からある機能の一つとして箱型(矩形)選択というものがあります。これは縦に任意の文字列を選択できる機能で、今では他の多くのテキストエディタのみならずワードにも箱型選択が実装されるようになりましたが、MIFESはMSDOSの時代からすでにあり、テキスト加工には非常に重宝される機能の一つです。わざわざエクセルやデータベースなどにもっていかなくても、テキストベースで簡単にデータ加工できます。

例えば、以下の一太郎で入稿された目次データ(題名、名前、ノンブル)を箱型選択で抜き出し、最後はIndesign に貼り込んでみましょう。

undefined

 

このデータをMIFESにコピーペーストすると以下のようなテキストになります。

undefined

 

題名、名前、ノンブル間に全角と半角スペースが入り乱れて挿入されています。

このデータをIndesignで組版するので各項目間をタブで統一したい時、このままでも正規表現を駆使すればできないこともなさそうですが、名前の姓と名の間に削除してはいけないスペースなどもあり一発では難しそうです。この形はまだ単純な形なのでよい方ですが、もっと複雑なデータだと正規表現も数回試し置換を実行しなければうまくできないでしょう。

そこで箱型選択で題名、名前、ノンブルを別々に切り取って加工し、その後、元につなげるという方法をとってみましょう。

①題名の箇所にカーソルを置き[Alt]を押しながらドラッグすると、自動的に箱型選択モードになり、箱型選択ができます。選択し終えたらコピー(Ctrl+C)します。

undefined

 

②次に題名を加工するための作業用新規ドキュメントを作り、箱型選択でコピーしたデータをペースト(Ctrl+V)します。

undefined

 

③抜き出したデータを加工します。文末にあるスペースを削除し、行末にタブを挿入します。

undefined

 

④同じように①で作成した元ファイルから名前の箇所だけを[Alt]を押しながらドラッグして箱型選択します。選択し終えたらコピー(Ctrl+C)します。

undefined

 

⑤次に名前を加工するための作業用新規ドキュメントを作り、箱型選択でコピーしたデータをペースト(Ctrl+V)します。

undefined

 

⑥抜き出したデータを加工します。この場合は前後のスペースのみを削除し行末にタブを挿入します。

undefined

 

⑦次に題名、名前、ノンブルをひとつのファイルにペーストします。
名前の箇所を[Alt]を押しながらドラッグして箱型選択でコピーします。

undefined

 

⑧ ③で作成した題名だけのファイルにもどって行末にペーストします。

undefined

 

⑨ ①で作成された元ファイルからノンブルだけを箱型選択します。

undefined

 

⑩ ⑧で作成された題名、名前のあるファイルにもどって行末にペーストします。

undefined

 

⑪ペーストによって出来た余計なスペースを削除します。

undefined

 

⑫完成したデータをIndesign に読み込みスタイルを当てます。

undefined

 

箱選択は他にも項目のずれの加工や、特定のブロックの抜き出し、削除などいろいろな箇所で気軽にできるのでこの機会に是非活用してみて下さい。

 


使えそうだけど使ってない画像検索

システム部のSです。

使えそうだけど使っていない画像検索(G○○gleさんので紹介)
画質の粗い画像しかなく、似た画質のキレイな画像が必要といった時に利用できます。

注意点として
画像は .jpg、.gif、.png、.bmp、.tif、.webp のいずれかの形式である必要があります。
画像が大きすぎる(8000 × 6000 ピクセル以上)と読み込めません。

undefined

undefined

 

使い方は簡単
画像を用意して、サイトに飛んでドラッグ&ドロップすると自動で検索をしてくれます。(上記図参照)

しばらくする(検索時間が終わる)と類似画像がたくさん表示されます。

その中から必要な画像をピックアップします。
ただ、仕事となるとどうしても著作権の問題がありますので利用には注意が必要です。

 

 


← 古い記事