下版データからオンデマンド印刷

江戸川CTPのWです。

前回、下版データから版出力のワークフローを書いてみましたが今回は下版データから版を必要としないオンデマンド印刷のワークフローを紹介しようと思います。

オンデマンド用の下版データはCTP版出力用の下版データと同様に完全リップ済みデータのPDFで本社より江戸川工場CTP室のサーバーへ下版されてきます。ざっくりはCTPの時とあまり変わりませんが、下版データの中身がページ物だとペラ丁合の面付けになってます。物によっては普通の折面付けで4p8pの面付けのものもありますがオンデマンド印刷の場合丁合出力(ページ順出力)が可能なので折工程が不要になり断裁して表紙をくるむだけになります。

オフセット印刷との大きな違いは版が必要ないので下版データからダイレクトに印刷が可能になります。なので短納期、小ロットのものはオンデマンドにむいています。特にカラーのページ物だとオフセットでやると台ごと(16pや32p)の印刷になるので部数が少なくても時間と紙予備が多くコストがかかってしまいます。

ワークフローは基本的にはリップ済みページ面付けデータを受け取ったらオンデマンドのサーバーに用紙種類ごとのホットフォルダーに投げます。(ホットホルダーには用紙種類ごとにカラープロファイルが組み込まれています。)その後オンデマンドのサーバーにて用紙サイズ、種類、銘柄ごとのセッティング、カラーキャリブレーション、表裏見当などのセッティングをほどこしたら刷りだしを行い色調などを調整します。ものによっては2cシュミレーションといって、例えばC版を特色扱いにして4 原色のかけあわせを指定して擬似的に特色を作成するなんてこともします。

undefined

 

当社のオンデマンド機はColor 800 Press(C800)とColor 1000 Press(C1000)の 2 台です。

undefined

 

どちらもハイエンドモデルで特にC1000は光沢仕上げ印刷面を保護できるクリアトナー(ニスのような効果)と簡易製本(中綴じ、二つ折り等)ができます。

調整が完了したらいよいよ本刷りになります。合紙、排出トレー、部数の確認をして印刷します。


おおまかですが、今回は下版データからオンデマンド印刷のワークフロー等をざっくりとご紹介させて頂きました。オンデマンドというと昔はいまいちといった感じはありましたが、今はだいぶ進んでかなりよい品質になっています。


↓下記はオンデマンド機のスペックと用紙等情報をです。おおまかですが、ご参考にしてください。↓

undefined

 


InDesignデータのバージョンを下げてみよう

DS課のOです。

仕事をしていく上でドキュメントデータのバーションを下げなければならない場合が稀にあります。
しかし,基本的に新しいバージョンのデータを古いバージョンで開くことはできません。
今回はあまりおすすめできませんが(後述),バージョンを下げる方法を説明していきたいと思います。

①Indesignのドキュメントを用意し,データを開きます(今回はCC2015)。
②ファイル→書き出しを選択します。
③ファイルの種類【InDesign Markup(IDML)(*.idml)】を選択して保存します。

undefined



ちなみに,ファイル→別名で保存でも同じ物が作成できます(バージョンCC以降のみ)。
③ファイルの種類【InDesign CS4以降(*.idml)】を選択して保存します。

undefined


これで,CS4~CS6までのバージョンで開くことができます。

補足:IDMLとは「InDesign Markup Language」の略称で,IDMLで保存したデータはInDesign CS4以降のバージョンで開くことができます(しかし、データの互換性が完全に保証されているわけではないので、避けられるのであればなるべく控えた方がいいと思われます) 。

次に,CS3で開く方法を説明します。
④先ほど作成したファイルをバージョンCS4で開きます。
⑤ファイル→書き出しを選択します。
⑥ファイルの種類【InDesign CS3互換(INX)】を選択して保存します。

undefined



これで,CS3で開くことができます。

ただし,CC2015からCS3までバージョンを下げてきましたので,互換性がかなり心許なくなっています。
元データと作成したデータをプリントして,ライトテーブル等でつきあわせて校正することをおすすめします。

 


数式作成機能

MCB2課のGです。

 前回はMCB2での数式組版の流れをご説明させて頂きました。今回はご説明した流れのなかで、最も細かい作業となる数式の作成機能をご紹介します。


・数式作成は数式エディタ

 数式を画面で確認しながら作成できる数式エディタを搭載。高度な数式を正確に作成できます。数式のスタイルツールより、分数やルートのひな形を選択して入力し、数式を作成していきます。

undefined

 

 数式スタイルツールを使って数式の形状を選択し、点線枠に文字を入力して数式を作成します。

 undefined

 

 ルート、分数、ベクトル、拡大括弧では入力した数式文字列の長さや高さに合わせて自動伸縮します。

undefined

 

・作成可能な数式の例

 undefined

undefined

undefined

 undefined

 undefined

 

 これらの例は、作成の難易度も低い数式です。実際の仕事ではもっと複雑で細かい数式(特に学参もの)が、一つの原稿(・・)に対し100~150個ほど入るときもあります。NICのオペレーターでも数式を30個作成するのに、1日掛かってしまいます。手分けをして作業するのですが時間の掛かる作業となります。

 

・専用の学参数式フォントが利用可能

数式フォントII-G Type
 中学・高校の教科書や参考書などでご利用いただくことを目的としたOpenTypeのフォントです。本文でよく使われるリュウミンのデザインを元に、ふところを広げるなどの調整を行い、読みやすく誤読の少ないデザインとなっております。ウエイトは「Regular」「Bold」の2種類があります。

undefined

 

数式フォントII
 医学、数学、物理系の一般書籍や学術論文で幅広く使用して頂けるOpenTypeの数式フォントです。和文の従属欧文と混在しても違和感のないデザインとしております。ウエイトは「Light」「Regular」「Bold」の3種類があります。

undefined

 


・数式フォントの豊富な文字は、数式パレットから入力

 数式フォントに含まれる文字を、数式パレットの一覧からダブルクリックで入力できます。

undefined

 

 種類こそ少ないですが、数式を教科書、参考書、学術論文で見やすくするデザインと言うだけあって、仕上がりを見ても確かにきれいで見やすいです。自分は数式の組版の仕上がりを見たとき、いつも達成感を感じています。

 今回は数式機能をご紹介させて頂きました。次回も数式...NICでの数式組版のルール、出版社の数式ルールなど紹介する予定でいます。

 


← 古い記事