MCLコマンド設定

20/01/17

MC-B2課のFです。

 新年明けましておめでとうございます.
 私は愛車にスタッドレスタイヤを付け替えて「いつ雪が降っても大丈夫!」といった状況です.世の中のお父さん・お母さん方には「クリスマス」に「お年玉」となかなか切ない…? 時期ではありましたね.我が社はここからが正念場ですので,今年も張り切っていきたいと思います.

 MC-B2で,私が魅力を感じた機能についてお話しをしたいと思います.
 まずは「タグ組版」ができるということです。MC-B2では,MCLコマンド設定をすることによって,テキストに専用のタグを付加していろいろな事を自動化することができます。

undefined

 

 その中でも、「振り分け」という機能があることがとても嬉しかったです。この機能は,EDICOLORやInDesignにはありません。写研を経験している人は分かっていると思いますが,何をするのにも便利な機能なのです。

undefined
 
 上の図の「頭揃え」「中揃え」「末揃え」「均等揃え」のような機能はどの組版ソフトでも可能ですが,下の図のような揃えを可能にするのは「振り分け」にしかできません。

 

undefined

 

 InDesignでも複数の枠を使うことによって,仕上がりを同様に表現することはできるのですが,それを修正したい場合には1つ1つに変更を加える必要があるため手間と時間がかかってしまい大変です。MC-B2では振り分けの設定をすることで,1つの枠の中でそれぞれの設定の内容が異なる①~④を同時連動させる事ができるので,数値や揃えの設定を変更するだけで簡単に内容を修正することができるのです。また,文字以外のオブジェクトなどにも使えますので,「揃えたい」と思ったら“振り分け”です.とても便利な機能なので重宝しています。

 次回もいろいろなMCLコマンド設定についてお話しをしたいと思います.