デザインだって文脈だ!

五反田営業所 デザイン室のHKです。

まだ梅雨のジメジメが抜けない7 月。海や山でめいっぱい遊べる夏の始まりを心待ちにしながらこの記事を書いています。普段あまり文章を書かないので、うまくまとめるのはなかなか難しいですね。
特に文脈が整ってないと、何を伝えたいかがわからなくなります。

実はデザインの仕事でも、この文脈にあたる「コンテキスト」を考えることがとても重要とされてり、物事の前後関係やその背景にある状況・理由などを指す言葉としても使われています。私たちの言うコンテキストとは、その根底にある人の気持ちを探ります。

こんなことは、ありませんか?

クライアントとの打ち合わせで「この商品を売りたい」「どんな人に売りたい」まではヒアリングできても、その先にある「根底の気持ち(深層の欲求)」まで見えてこないことが多いのです。実際にその商品を買った人は、それでどうなりたいと思っているのかがとても大事であり、そこが理解できないと、何かうわべだけのデザインになってしまいがちです。

例えば、「美容院に行きたい」女性がいるとします。
この場合の表向きの欲求は、
・なんだか髪型を変えたいな
・髪をキレイにしたい 
・キャンペーン中だから切ろうかな… などでしょう。

しかし、深層の欲求には
・友達や恋人に髪型をちょっぴり自慢したい!
・メイクはあまりできない職場だから、せめて髪だけでもかわいくしたい!
・SNS に載せたいから見栄えする美容院がいい!
・最近、忙しくて疲れちゃったからココロから癒されたい など…

表向きでは見えてこない、または本人も気づいていないこと、普段悩んでいることなどが深層の欲求としてあるかもしれません。
このコンテキストを理解し、うまくデザインで突くことができれば、より効果的な広告物になるかもしれません。


おっと。文字数が終わりに近づいてきましたので、また、機会がありましたら。

undefined

 


日本で色が意識された時

五反田営業所デザイン室のです。

いよいよ平成から令和へ、新しい時代の幕開けから1週間が経ちました。

恐縮ですが、私はGWに毎年京都へ遊びに行きます。
歴史ある寺社仏閣を見ていると、こんな大昔でも鮮やかな色、綺麗な模様が作り出せるのかと感動してしまいます。

日本で色が意識されてきたのは、飛鳥時代、
聖徳太子が制定した「冠位十二階」ではないかと言われています。

undefined


位によって、冠の色が上から紫・青・赤・黄・白・黒と決まっていました。さらに同色でも濃いほうが上の位とされ6色×2段階ずつ=12段階。
身分で色が決まっていたので、身分不相応の色は使えませんでした。

では、それぞれの色について少し掘り下げてみます。


古くから紫色を出すには特定の貝の内臓や紫根(しこん)などを使用していましたが、美しく定着させるのが困難なことから非常に高価な色でもあったそうです。


藍色の仲間にある「褐(かち)色」は、「勝色」とされ、縁起がいいということで武家に広く好まれました。


比較的古くから豊富な染料を持つ赤。
当初は赤根という植物が使われていました。「茜色」の語源にもなっています。


この時代ではさほど身分が高くない人の色でしたが、時代が進むと天皇や皇太子専用の黄色が現れ始めます。


古代「純白」を作り出すことがとても難しく、やはり高貴な色とされていましたが、純白以外の黄みがかっていたり黒みがかった白色も「白」と呼んでいたため、冠位十二階では下の方の序列になっています。


古代の日本人は、主に黒、赤、青の三色を魔除けや病気快癒のおまじないとして扱っていたそうです。
また「汚れが目立たないから」という実用的な理由もあるそうです。

それぞれの色が持つ意味や成り立ちを踏まえて、配色の時の参考や意味づけに少しお役に立てれば幸いです。

 


時代にマッチ!数字で魅せるデザイン

五反田営業所 デザイン室のHKです。

寒さ厳しい冬から、やっとあたたかくなりつつあるこの時期とは裏腹に、制作業務では早くも夏に向けた告知物を制作したりしています。

例年クリスマスカードを作らせてもらいますが、スタートが9月なのでまだ暑い中、雪景色の素材やサンタクロースのイラストと格闘が少々困難で、夏の歌を頭の中で流しながら制作したりも。。。

このように季節感を問われる制作物も多々ありますが、今回は季節感とは違った目線で目を惹く表現のひとつ、「インフォグラフィックデザイン」について少し検証したいと思います。

インフォグラフィックとは、情報やデータをビジュアル的に表現したもので、ますます文字を読むことから遠ざかった現代人でも、数字はとても効果的だそうです。

作るにあたって必要な基本能力はこちらだそうです。

 

undefined

 

主にこのような内容に、インフォグラフィックが適していると言われています。

 

undefined

 

では、高等学校の進路状況を作成するという例で見てみましょう。

まずは、テキストと数字のみの表現です。

 

undefined

 

シンプルな表現で表組みに色をつけたり、グラフ化したりと見やすくなる工夫はありますが、若干インパクトにかけてしまいます。

ちょっとここでアクセントを数字におきかえてみます。

 

undefined

 

最初のものより数字がかなり目に飛び込んできます。

さらにビジュアル要素も数字に合わせてつけてみると…

 

undefined

 

もう言葉なんていらないくらい、「ダントツで大学進学が多い」ことが一目見てわかります。

ここでは数字を大きくしましたが、もっとPOPな内容のものであればグラフそのものを絵にしてしまっても面白いと思います。


ピザの人気ランキングを作るなら、円グラフをいっそピザにしてしまったり、都道府県の人口密度など人数が多いことを示す方法として人物のアイコンをたくさん並べて日本地図を作ってみたり…


やり方はいろいろあると思いますのが、誰が見てもわかりやすく目を惹く印刷物ができるよう、工夫できたらいいないと思います。

 


デザイナーが打ち合わせで聞きたいこと

五反田営業所 デザイン室のHKです。

「え?もうイルミネーションの時期なの?」と目黒川のライトアップを見ていましたが、
ようやく冬らしく寒くなってきました。
こんな日のクライアントとの打ち合わせは、寒さと相まってより身の引き締まる思いです。

今回はクライアントとの打ち合わせをしていく中で、どのような情報がもらえると、
少しでもクライアントの希望に近いものが制作できるか
書いている自分も痛いところはありますが、少しお話しできればと思います。

例えば、下記の特徴を見てどうでしょう。

undefined

 

一見良いデザイナーの当たり前の特徴のように感じますが、
実は、「できれば避けたいデザイナーの特徴」をあげてみました。
例えば、チラシの制作と仮定してみます。

①クライアントの要望通りに作ることは大前提なのですが、鵜呑みは注意です。
「どんなチラシを作りたいですか?」の質問はあまり効果的ではなく、
「何の目的で作るものなのか」「どんなターゲットに見てもらいたいのか」「どんな成果を出すためのものなのか」など、本来の制作物の目的を詳しく聞くことが大切になります。

②目的がある程度見えたら、今度は感覚的な相談をしていきます。
必要最低限ではなく、いろいろなお話しを聞かせてもらいます。
また、ヒアリングだけでなく、こちらの考えや一般的な動向などは先に話してしまいます。
ここでお互いの考えや方向性を一致させておくと、その先のデザイナーの腕の見せ所である
「その要望をビジュアル的にどう処理していくか」の作業がグッと楽になったりします。

undefined

 

③クライアントには極力手間を省いていただきたいものですが、チラシひとつ作るだけでデザイナーから上記のような無関係とも思える質問をたくさんされるとなればお手間かもしれませんね。

だらだら長くなりましたが、クライアントと信頼関係を築き、お互いに遠慮なく意見が出せる関係のもと、クライアントと一緒に創り上げていくことが、より良い成果を生み出すのではないかと、私は信じています。
また、案件によっては全然これらが通用しないものもあるかと思いますが、
めまぐるしい制作業務が少しでもスムーズに進むヒントになればと思います。

 

 


SmoothFileのファイル共有

システム部のSです。

以前、弊社で運用しているSmoothFileの『データ送信』について軽く説明したので
今回は『ファイル共有』について軽く説明をしたいと思います。

ファイル共有を図解すると下の図のようになります。

undefined

いつでもどこでも、許可された人なら誰でも共有ファイルにアクセス出来る仕組みになります。

単純にご利用する上でのメリットと注意点を考えたいと思います。
メリットは、
 ・許可された複数のユーザーでファイルの閲覧、編集、共有が可能
 ・業務効率の向上
 ・データをメディアにコピーする必要がない
 ・メールで添付出来ないファイルサイズも送れる
 ・情報の機密

注意点は、
 ・データをどのように管理するのかルールを決めておかないといけない
  (削除するタイミング・削除する人・追加変更などがあった場合)
 ・サーバ容量が限られてるので長期データ保管には向かない
  (不要になったデータはこまめに消す必要がある)


SmoothFileってこんな事も出来るんだなぁ〜って程度ですが、ファイル共有機能の紹介でした。

 


← 古い記事