InDesignの正しい円(角丸)を作成してみよう

DS課のOです。

前回は、InDedignのバージョンを下げると具体的にどの部分が変わるのか例を挙げてみました。
今回は、その中で少しだけ触れた長方形の角丸について掘り下げていければと思います。

前回のおさらい

▶フレームの角丸

undefined

 

画像は左がCS4、右がCS5以降の角丸、下が両方を重ねたものです。

undefined

 

今回はさらに、円を重ねてみました。

undefined

 

やはり正確な角丸にはならないようです……

それでは正確な角丸の作成方法をいくつか挙げていきたいと思います。

 

●例1

形の異なる複数のオブジェクトを合成して角丸にする

・適当なサイズの長方形(今回は縦5mm、左右20mm)・円(直径5mm)を作り、合成する位置に合わせます。

undefined

 

・オブジェクト→パスファインダー→追加

undefined

 

これで完成です。

 

●例2

Illustrator上で角丸の長方形のオブジェクトを作成し、Indesignにペーストして取り込む

・ツールから角丸長方形ツールを選択し,

undefined

 

・アートボードをクリックし、角丸長方形ツールウインドウを開き、サイズを入力(今回は縦5mm、左右20mm、角丸の半径2.5mm)後OKをクリック

undefined

 

・作成したオブジェクトをコピーし、Indesignにペーストして完成です。

Illustratorの操作に慣れている方は、例1の方法よりもこちらのほうが簡単かもしれません。

補足:例1、2はサイズの変更をすると、正確な円ではなくなってしまうので注意してください。

 

●例3

線種で角丸の罫線を作成する

・ウインドウ→線→右上の項目から線種を選択します。

undefined

 

・新規を選び、

undefined

 

・罫線名を入力し(今回はとりあえず角丸罫にしてあります)、種類を“線分”にします。長さとパターンの長さを同じ数値にし(この数値は適当に3mmにしてあります)、線端の形状を真ん中の丸形線端を選択しOKをクリックします。

undefined

 

・線種のウインドウに戻ると先ほど作った角丸罫が追加されています。OKをクリックしてウインドウを閉じます。

undefined

 

あとは作った角丸罫を段落境界線の設定ウインドウで“種類”から線種を選択すればOKです。

undefined

 

仕上がりイメージはこんな感じです。

undefined

 


自動脚注機能

MCB2課のGです。

 酷暑の7月が過ぎ、8月になりました。まだまだ猛暑が続き、NICも毎日暑いです。朝、会社に着いて、車を降りてから駐車場を歩いてくるだけで、汗が出てきます。この暑さを吹き飛ばす様な、涼しい話?になるかは、解りませんが、今日は、MCB2組版の画期的な機能、『自動脚注機能』をご紹介します。

 ことばの意味や文章の解釈、本文の補足、文献の出典などを主に示す脚注ですが、法律物の本になると、脚注だけで100~200個以上になるものもあります。その脚注が、本文の組版時にタグに読み込まれ、設定された体裁で、一気にズラリと所定の位置に組み込まれるのが、『自動脚注機能』です。この機能は10年前にはMCB2にありませんでした。10年前は脚注を一つずつ表枠の中に読み込み、版面の位置に合わせて組んでいました。100個、脚注があるものは、100回、脚注を組んでいました。一つ脚注がズレると、その後ろの脚注が、全てズレていってしまうこともありました。なので、この『自動脚注機能』は我々、NICのMCB2組版部にとって、凄く画期的な機能の登場となりました。そのおかげで、組版のスピードは上がり、脚注の組みのミスは無くなり、法律物の組版を担当しながら別の組版もできる、余裕もできました。作業効率を大きく良くしてくれたこの機能は、今では当たり前に使われています。10年間で「画期的な機能」という印象は薄れつつ、定番の機能となりました。

・脚注機能の説明

undefined

 

undefined

undefined

 


InDesignのコンポーザー

DS課のHです。

 InDesign の段落の設定に,コンポーザーというものがあります。日本語組版の場合,「Adobe日本語単数行コンポーザー」,「Adobe日本語段落コンポーザー」があります。この設定の違いと注意すべき点を説明したいと思います。

 「Adobe日本語単数行コンポーザー」は,文字が追加されたり,削除された場合,文字を修正した行以降の文字が送られます。
 「Adobe日本語段落コンポーザー」は,文字が追加されたり,削除された場合,段落全体で文字間調整等を行うため,修正箇所より前の行でも文章の移動が発生する可能性があります

下記例文(Adobe日本語段落コンポーザー)修正前の上から5行目の「タ」を削除すると,修正後は1行目の末に「そ」が,2行目の末に「ひふ」が,3行目の末に「りる」が,4行目の末に「サ」が入り込んでいます。

undefined

 

 コンポーザーの設定の確認や変更方法を下記に示します。

 「段落スタイルの編集」➡「ジャスティフィケーション」➡「コンポーザー」から,設定の確認や,変更が出来ます。

undefined

 

undefined

 

 個別に文章を選択し,「段落」パネルの右上のメニューからも設定の確認や,変更が出来ます。

 InDesignCC以降ですと,「環境設定」➡「高度なテキスト」➡「デフォルトのコンポーザー」を「Adobe日本語単数行コンポーザー」にすることで,基本設定は「Adobe日本語単数行コンポーザー」になります。

undefined

 

 「Adobe日本語段落コンポーザー」の設定ですと,一段落が長く複数頁にまたがる場合,修正した頁以外の頁でも文章のずれが発生する可能性がありますので,修正後の確認が困難になってしまいます。
 InDesignで作業する際は,「Adobe日本語単数行コンポーザー」に設定しておく方が問題なく作業ができます。ただし,段落コンポーザーで作られたデータを途中から単数行コンポーザーに変更する際も文章のずれが発生する可能性
がありますので注意が必要です。新規作成の際に「Adobe日本語単数行コンポーザー」に設定してから作業をはじめる事が大事です。
 データを開いて確認しなければ,わからない設定の話しでしたが,文章の修正する際は,確認して作業しないと…「何で赤字の無い所がズレてんの!」なんて怒られる事になりかねません。コンポーザーの設定を必ず確認してから作業をはじめることをお勧めいたします。最後までお読みいただきありがとうございました。

 


← 古い記事