バッチファイル(その1)

17/09/17

IT・情報処理室のTです。

 最近、組版データの二次利用が増え、大量のテキストファイルを扱うことが多くなりました。
 ファイルの数が多くなるとファイルのリネームや、結合といった単純作業でも手作業ではかなり時間が取られてしまいます。
 こういう時に役に立つのがバッチファイルです。

 というわけで今回は単純作業の効率化を目指してバッチファイルについて勉強していきたいと思います。

 そもそもバッチファイルとは何なのかというと「行わせたい命令列をテキストファイルに記述したもの」で、これを実行すると書かれている命令をコマンドプロンプト上で処理します。
 これだけ聞くと難しそうな印象を受けますが、単純なものであればすぐにできるので、まずは一度バッチファイルを作成してみましょう。

今回は例としてテキストファイルを結合するバッチファイルを作成していきます。
①メモ帳を開きます(※テキストエディタであれば何でも構いません)。
copy *.txt all.txtと入力します。
③名前を付けて保存を選び、ファイル名を「○○○.bat」にして保存します。
そうすると、このように歯車のついたファイルが出来上がります。

undefined

 後はフォルダを作成し、その中にバッチファイルと結合したいテキストを入れて、バッチファイルを実行します。

undefined

 

するとフォルダ内の全てのテキストを結合した「all.txt」ファイルが新しく作成されます。

undefined

 

実際のデータはどうなっているかというと、

undefined

 

この2つのファイルが結合され、

undefined

 

このようになります。
ちなみに、各ファイルの最後に改行を入れ忘れると、

undefined

 

このようになってしまうので注意してください。

 それでは仕組みを簡単に説明していきます。
 今回バッチファイルに入力したテキストは3つに分けられます。

undefined

 

 まず①の部分はコマンドになります。今回使用した「copy」は本来ファイルを複製するコマンドですが、対象ファイルをフォルダ内全てにすることで結合することができます。
 次に②の部分は処理対象のファイル名になります。今回のようにファイル名を指定しない場合は、ワイルドカード「*」を使用します。
 ちなみにワイルドカードというのは、どんな文字や文字列にもマッチする特殊文字のことで、今回使用した「*」は文字列をマッチさせる場合に使用します。
 最後に③の部分は処理後に作成されるファイル名になります。ここで注意してもらいたいのが、既に存在しているファイル名を入れるとそのファイルを上書き保存してしまうため、必ず新規のファイル名を入れてください。

以上の3つの要素を組み合わせることで1つの命令になります。

この構成は他のコマンドにも使えるので、興味のある方は他のコマンドを調べて、いろいろ試してみてください。

次回はフォルダ操作について勉強していきたいと思います。

 


InDesign(CC以降)のインターフェイスについて

17/09/17

DS課のOです。

 今回から1年間,ブログを書かせていただくことになりました。もともと文章を作成することが苦手なもので,読みにくい部分など多々出てくるかもしれませんが,一生懸命やっていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

 以前,後輩から「IndesignCS5からCC2015を使い始めたら,画面全体が暗い」といわれたことがあります。
 これは,CCにバージョンアップした際に,PhotoshopやIllustratorと同じように黒っぽいインターフェイスに統一されたためです。

▼CS5
undefined



▼CC2015
undefined

 

 確かに,見比べるとまったく違うものに見えますね。

それでは早速設定の方法を説明していきたいと思います。
①編集の環境設定→インターフェイスを開きます。

undefined

 

②→アピアランスの項目で
ペーストボードにテーマカラーを適用(デフォルトはチェックが入っています)のチェックを外します。

undefined

 

これでペーストボードは前バージョンと同じ白くすることができます。

undefined

 

それ以外に,カラーテーマの明るさも調節することによって,黒っぽいインターフェイスを明るくすることができます。

undefined

 

アピアランスでカラーテーマの数値を51%以上に設定します(写真は51%)。

undefined

 

デフォルトの黒っぽい印象から比べると,全体的にかなり明るくなりました。
さらにお好みでもっと明るくすることもできますのでぜひお試し下さい。

 


数式組版の流れ

17/09/17

MC-B2課のGです。

 今回から前任のF氏に代わり、1年間ブログを書かせて頂くことになりました。不慣れな点もありますが、どうぞよろしくお願いいたします。
 前任のF氏によりMC-B2の優れた点、使える機能などをお伝えしてきましたが、私も同様にMC-B2の魅力とNICの作業内容なども盛り込んで、お伝えしていきたいと思います。
 早速ではありますが、MC-B2組版の代名詞と言えば数式の組版が挙げられますが、今回は数式機能よりも先に、NICでの数式組版を新規で行うときの一連の流れを紹介したいと思います。

 通常の書籍での新規組版の場合、「本文用」「図表用」の2種類の原稿となります。添付データと原稿の仕分けなどを行い、データ変換・テキスト編集のオペレーターに作業をしてもらいます。その間に組版のオペレーターは「本文用マスター」を作成します。データ変換・テキスト編集が終わった「本文」「図表」データを「本文用マスター」に組版して完了です。

 次に、数式のある書籍での新規組版の場合は、「本文用」「図表用」のほかに「数式用」の3種類の原稿となります。添付データと原稿の仕分けなどを行い、データ変換・テキスト編集のオペレーターに作業をしてもらいます。ここまでは通常の書籍での新規組版と変わりはないです。しかし、数式のある書籍での新規組版の場合は、数式作成専門のオペレーターに数式作成作業をしてもらいます。ですが、数式作成は「本文用マスター」内のマスターページで作業しなくてはならない(インライン機能を使うため)ため、「本文用マスター」が完成しないと数式作成作業が出来ません。つまり「本文用マスター」の作成に組版のオペレーターが時間をかけることが出来ないのです。大至急で作成した「本文用マスター」に「数式」の作成作業をしてもらい、「本文」「図表」データを「数式作成された本文用マスター」に組版して完了となります。

 「本文用マスター」の作成は大至急で作成していますが、やはり組版の一番大事な作業ですので、時間はかかってしまいます。数式作成専門のオペレーターの作成作業も時間のかかる作業ですので、数式のある仕事は特に時間がかかり、納期的にも厳しくなることが担当するオペレーターの悩み処です。

undefined


 以上が数式組版のNICでの流れになりますが、組版後の校正や直しなども数式の細かさなどに手を焼き、時間がかかる仕事になります。このようなことから、数式の仕事はどの部署にとっても「脅威」です。他の仕事との兼ね合いも考えると、オペレーターが担当するのもなかなか覚悟のいる仕事となります。
 今回は数式組版の流れを紹介させて頂きました。次回は数式の機能などを紹介したいと思います。
 急に寒くなり季節も冬になりました。これから我が社にとって最も忙しい時期が続きます。体調管理に気をつけてこれからの忙しさを乗り切りましょう。

 


← 古い記事