バッチファイル(その2)

IT・情報処理室のTです。

 前回,簡単なバッチファイルの作成の仕方などを中心に,バッチファイルの基本的なことを勉強しました。
 今回は,ディレクトリ関連のバッチファイルを勉強していきたいと思います。

 ちなみにこれから「ディレクトリ」という言葉が頻繁に出てきますが,ディレクトリというのは解りやすく言うと「フォルダ」のことです。コンピュータ全般ではディレクトリという言葉が昔から使われてますが,WindowsやMacでは解りやすい表現としてフォルダという言葉を使用しています。

 それではまず最初に例としてディレクトリ作成のバッチファイルを作成・実行してみましょう。
 ①メモ帳を開き,md aaaと入力し,保存します。
 ②出来上がったファイルの拡張子をbatに変更し,ダブルクリックして実行します。

undefined

 

 すると,新しくaaaという名前のフォルダが作成されます。

undefined

 

 これで完成なのですが,これではマウスの右クリックから新規作成で作成したほうが早いという方もいらっしゃるとおもうので,バッチファイルならではな点を紹介したいと思います。

 それでは先程作成したバッチファイルを開き,aaaの後ろに\bbb\cccと入力して保存し,もう一度バッチファイルを実行してみましょう。

 そうすると先程と同じようにaaaという名前のフォルダが作成されますが,フォルダを開いてみると今回は中にbbbという名前のフォルダが,さらにその中にはcccという名前のフォルダが作成されています。

undefined

undefined

 

 これがバッチファイルでフォルダを作成する時の便利な点で,深い階層のディレクトリを作成する際に,途中のディレクトリが無ければ自動的に作成してくれるのです。
 なので階層のあるディレクトリを作成する際はバッチファイルを使用すると何回も右クリックから新規作成を選ぶ手間を省くことが出来ます。

 それではバッチファイルに入力したテキストについてです。
 ディレクトリを操作するバッチファイルは基本的には以下の2つの要素で構成されています。

undefined


 ①の部分はコマンドになります。今回使用したmdはフォルダを作成するコマンドです。
 ちなみにmdとはmake directoryを略したものです。
 ②の部分はディレクトリ名になります。階層をつける場合は\をディレクトリ名の間に挿入して下さい。

 簡単に説明をすると以上です。
 余談ですが,ディレクトリ関連のバッチファイルはコマンド部分にmdやcd(change directoryの略)といった「○○ directory」を略したものが入ります。
 なのでバッチファイルの内容がファイルとフォルダどちらに対してものなのかを調べるときには,まずコマンド部分を確認してみるといいでしょう。

 次回はバッチファイルの勉強のまとめをしていきたいとおもいます。

 


InDesignデータのバージョンを下げるとどうなるの?

DS課のOです。

 前回はInDedignのバージョンをCS3まで下げる方法を説明しました.
 今回は,バージョンを下げると具体的にどのあたりの部分が変わるのか,いくつか例を挙げていきたいと思います.

例1 テキストフレーム
undefined 
 ▲CS5のテキストフレーム

 

undefined
 ▲CS3のテキストフレーム

 

 画像は図と図の説明文を示していますが,テキストフレームの余白の位置が上下逆になることがあります.

例2 フレームグリッド
undefined
 ▲CS5のフレームグリッド

 

undefined
 ▲CS3のフレームグリッド

 

 画像は文字の入ったフレームグリッドとその設定ウインドウです.
 バージョンを下げたことによって,フレームグリッドの設定が変化し行数が少なくなっています.

 補足:ちなみに例1と2は,毎回どんなデータでもこのような変化をするというわけではないようです.

例3 フレームの角丸
undefined 
 画像は左がCS4,右がCS5の角丸です.

undefined
 並べてみるだけでは少々わかりにくいかもしれませんので,形状の変化がわかるように両方を重ねてみました.

 これはCS4までの設定(角の数値を入力する項目は1箇所のみ)とCS5以降(最新のバージョンまで)で設定ウインドウの設定を調整する箇所(1角ごとに数値入力)が変わったためと思われます.

 個人的な意見ですが,形状だけでいえばCS4以前の形の方が正確な円に見える様な気がします(CS4以前も厳密にみると正確な円ではないようです).

 その他,正規表現などバージョンアップで追加された項目などは,低いバージョンでは項目がないので,段落スタイルに設定している場合は組体裁が変わるので注意が必要です.

 


数式組版まとめ

MCB2課のGです。

 前々回はMCB2での数式組版の流れ、そして前回は数式の作成機能をご紹介させて頂きました。3回目となる今回は、NICでの数式組版の注意やルール、それとお客様からのよくある指示や傾向などをご紹介させて頂いてから、まとめに入らせて頂きたいと思います。


・数式の作成にもNICのルールがあります
 数式中に欧文、数字を入力するときにNICでは数式用(数式パレット)の物を使わず、本文と同じ書体にするため、本文中で使う欧文と半角数字を使っています。数式文字と通常の文字を比べると、特に文字の幅に違いがあります。ギリシャ文字や記号類は数式用の物で、本文も数式も統一します。

undefined

 

 その他にもお客様の指示以外のところで、NIC内での統一事項があります。例をいくつかご紹介します。

undefined

 

undefined

 

undefined

 

undefined

 

 これらがNICでの、社内ルールの一部になります。


・お客様からのよくある指示
 学参物の書籍などは、数式に関する指示で、丁寧なアキの指示をよく頂きます。

undefined

 

 この様な指示を入稿時に、指定紙として頂きます。
 NICとしては置換などで対応して、アキが自動的に入るような工夫をしていますが、完全に自動化までには至っていませんので、やはり目視での確認が欠かせません。
 お客様の丁寧なアキの指定は、学参書籍の数式の見易さになっています。
計算された見易さと自分は感じています。


・まとめ
 数式組版の特異な仕事の流し方、作成作業の細かさ、NIC社員でのルールの共有と理解、数式組版はどこの部署にいっても作業に特異性があります。そのため、部署間での報告、連絡、相談をより密にしての作業を、心がけています。自分も初めて数式組版を行ったときは前工程、後工程、その他の工程にたくさん助けてもらいながら作業をしました。苦労もしながら組み終えたときに、先輩方から「数式組版ができる様になったら、一人前だよ」と言われたのを覚えています。最近は数式組版の機会も減りましたが、数式組版で学んだ、仕事への取り組み方を今後の仕事に活かしていきたいと思います。
 今回で、数式組版についてのブログは最後になります。わかりにくいところもあったかと思われますが、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 


← 古い記事