インデザインの出力バージョンについて

22/05/17

CPSのMです。

 今年の新入社員も1ヶ月が過ぎ環境の変化にも慣れて来た頃と思います。新人をみてると物事に対して教わる姿勢や吸収する姿勢など、忘れかけてたことを思い出しました。

 また別件ですが、若手を中心に毎月フットサルを社内活動しています。経験・未経験問わず興味がある方は、総務部の多田まで連絡ください。亀戸中心ですが、社外の方とも練習試合などできたら良いなと思っています。

 本題に入りまして、我が三報社のInDesign CC2017ですが、以前からUTF-8とShift-JISの問題があり、先方データのみの限定で使用・作成しておりましたが、先日InDesign CC2017・Illustrator CC2017ともに2017.1にアップデートされ問題が修正されました。
 出力テストも終了したため、使用解禁となります。

 また、バージョン2017.0で作成・保存されたり、下位バージョンより互換保存したデータは不備情報を維持したままになっていることがあり、2017.1で開きなおしてもそのままになっている可能性があります。そのため2017.0で作成されたものは、確認作業をしながら使用となりますので注意が必要です。

 バージョン情報は随時、確認・検証後更新していく予定です。

 


Microsoft Wordで検索置換

07/05/17

生産部のHです。

手作業を減らして効率の良い組版作業を目指した場合、ワード文書そのものに手を加えるのも一つの方法と考え、簡単なマクロについて書きたいと思います。

例:下図のようなワード文書にある「特定の文字に対する四角囲み」を組版ソフト(MC-B2)で同様に入れる。

undefined

たとえば、
・原稿を見ながらの手入力
・ワードに【目印】をいれてテキストに変換した後、【目印】を置換あるいは手作業
…など、状況に応じて様々です。

 ここでは、ワードで作成したマクロを実行後に置換して目印(▲)を入れ、テキストエディタでMC-B2のタグに一括置換します。

 上記ワード文書に対して下記のマクロを実行します。

undefined

 

 マクロの内容は下図のとおり

undefined


Selection.Find.Font.Borders.Enable = True
この1行が囲い文字を探す書式となります。

 ワードでの検索置換は次のとおり。

 マクロ実行後の「検索と置換」パネルには書式が自動的に現れます。「囲い文字」そのものを検索するので検索文字列は空白にする。「囲い文字」の文字のみ目印(▲)で挟みたいので、対象の文字を ^& で返します。

undefined

 

置換後は下図のように▲で挟まれます。

undefined

そしてテキストに変換すると、

 

undefined

上記の図のようになり、ワード文書にあった【囲み】の情報は無くなります。このテキストをMC-B2のタグに一括置換すると、

 

undefined

 ▲で挟まれた文字と【▲】がMC-B2タグに変わります。

この状態のテキストをMC-B2に流し込むと下図のように組版されたものが出来上がります。

undefined

テキストエディタの変換テーブルやMC-B2のタグについては、別の機会にしたいと思いますが、原稿を見ながらの手作業に比べて、あらかじめ用意したマクロや変換テーブルを使用した作業は、洩れや違う文字への加工を回避できます。
規則性のある作業に関しては冒頭に記した「手作業を減らした正確で効率の良い作業」を目指したいですね。

 


InDesignで新規作成してみる(其ノ参)

09/04/17

DS課のIです。

 寒い冬が終わり、だんだんと暖かくなってきました。夜もだいぶ寒さが和らいだせいか、私の息子がサイバイマンにやられたときのヤムチャのような格好で布団も被らず寝ていました(笑)。暖かくなってきた証拠ですね。だからといって油断していると、風邪を引いてしまうので十分に気をつけましょう!

 さて今回は、文字スタイルの作成手順などを説明していきます。前回も説明したように、文字スタイルは、段落内で体裁の変わる箇所などを変更する時に使用するものです。さっそく解説していきたいと思います。

 

文字スタイルの設定
 前回、章見出しで飾り文字の後ろを四分アキにするために、段落スタイル内の箇条書き内で文字スタイル(後四分)の設定していました。その時のものから説明していこうと思います。
まずは、文字スタイルウィンドウから新規文字スタイルを選択して、スタイル名をつけて以下の「文字後のアキ量」を「四分」に設定するだけでした。この文字スタイルがあたっているため、後ろが四分アキになるわけです。ちなみに空欄のところは何も設定しなければ段落スタイルの設定が適用されます。変更したい箇所だけを設定しましょう。

undefined

 

 次に本文中にでてくる図表番号の作成について説明します。
 今回は、本文が明朝体の所にゴシック体の図表番号が出てくる体裁です(書体はUD新丸ゴM)。書体が変わるだけなので以下の「フォント」「フォントスタイル」を設定して終了です。
なかには、見出し中に出てくるときの図表番号は本文の文字サイズと同じ、なんてこともあるので文字サイズをいれて作成しても良いかもしれません。ただし、文字サイズが設定されてしまうと、どこにでも使えるというわけにはいかなくなってしまうので、文字サイズの設定をされているものとされていないものを作成すると良いかもしれません。

undefined

 

 今回は書体だけの設定ですが、このほかにも字形の変更、長体・平体、上付き・下付き、文字カラーの変更、打ち消し線、下線の設定、など文字スタイルだけでもいろいろな設定することができますが、やはり文字スタイルだけでは限界があるので、段落スタイルと文字スタイルを使用することで、仕事の効率アップに努めましょう。

 以上で簡単ではありますが、解説を終わりにします。内容としては基本中の基本なわけで、いまさらな感じですが、文字スタイルを段落スタイルのように使う組みデータも時々見かけることがあります。しっかりと使い分けをして、ぜひとも今後のデータ作成に役立てていただければと思います。

 


← 古い記事