テキスト変数による柱で注意すること

DS課のNです。

 今回はテキスト変数よる柱について,注意すべきことを話をしていきたいと思います。
 テキストに変数をリンクさせ,変数を編集すればドキュメントすべてのインスタンス(変数を挿入したテキスト)を更新できる機能がテキスト変数です。
 各見開きのタイトルを柱としても使用したい場合などは,テキスト変数の機能を使用すれば自動的に柱を作成することができます。

undefined

 

 ただし,見出しを複数行になる場合は注意する必要があります。『改行』で行を増やすと下図のようになります。

undefined

 

 改行が反映されてしまい柱が切れてしまいます。『強制改行』では改行の箇所に『アキ』ができてしまいました。

undefined

 

 強制改行の場合は対処法として,テキスト変数編集項目の『使用:ページの最後』に変更することでアキを後ろへ移動させ,『オプション:区切り約物を削除』にチェックを入れることで,アキを消すことができます。

undefined

 

 テキスト変数での自動化は便利ですが,機能を把握していないと事故につながる可能性も高い機能だと思い,これからも学んでいきたいと思いました。最後までお読みいただきありがとうございました。


※使用ソフトは『Windows InDesign CC2015』を使用しています.

 


特色の分色値について

DS課のNです。

 今回はDIC などの特色に纏わる話をしたいと思います。
 2色(特色+K)の場合は,そのままデータが使用できるので問題はなく進行できます。
 4色の写真や画像が入っている場合でも,5色(特色+CMYK)であれば,これも問題なく進行することができます。
 問題はカラー台は4色と指定された場合、台や、そのウラ/オモテのどちらかを、4色(CMYK)に変換しなければなりません。このとき『特色』から『CMYK』に『分色』し,置換する作業が加わります。
 分色の数値は使用するソフトによって大きく異なり(下図参照),注意が必要となります。

undefined

 

undefined

 

 また,単純に分色したものでなく『色校正』を行い,色見本を作成している仕事もあったりします。
 このことを心の片隅にとめておくことで,注意喚起の一助になれば幸いです。

 


黒のあれこれ

DS課のNです。

主に,インデザインなど組み版ソフトを使用し,先方データのデータチェックと修正や責了・下版作業をしております。

作業中に気になった『黒』について,お話ししていきたいと思います。

印刷ではCMYKというカラーを利用しますが,Cyan(シアン),Magenta(マゼンタ),Yellow(イエロー),Black(key plate)と表現されます。BlackのBが使われなかったのはBlueを連想して,紛らわしいというのが理由だそうです。

さて,印刷で使用する『黒』は『スミ』,『リッチブラック』,『レジストレーション』の3種類に分かれます。

スミ:Black(K)のインク1色だけで表現される黒を差します。文字や細かい線を印刷するときに適していますが,広範囲の塗りつぶしにはあまり適していません。

リッチブラック:CMYKすべてのインクを絶妙に配合することで,深い黒を表現できます。CMYKの比率は印刷会社ごとに違っているので注意するところです。

レジストレーション:CMYKの4色をすべて100%用いて作られる黒です。つまり「C:100% M:100% Y:100% K:100%」となり,「リッチブラック」よりもさらに深く濃い黒に仕上がります。トンボにのみ使用される色設定で,なぜこの色があるのかというとオフセット印刷等で,4色のインキを重ねて順番に刷っていく際に,トンボ(トリムマーク・断裁指示)にレジストレーションカラーを使用し,各インキの位置を合わせる目安にするためです。

上記のレジストレーションでトリムマークを作成した後,そのままの状態でイラストなどを作成してしまい『1色』で作成していたと思っていたら『4色』になっていたという場合があります。画面では判断しづらいため、対処方法としましては組み版ソフトの『分版プレビュー』で確認します。

黒1色の本で,この状態のデータを印刷されてしまうと下図,右のような状態になってしまい,今までお客さんとの原稿のやり取りで見ていた色(下図,左)とではかなりの差異が生じてしまいます。

undefined

 

印刷会社にとって欠かすことのできない色なので,これからも大切にかつ慎重に取り扱っていきたいと思いました。最後までお読みいただきありがとうございます。

 


InDesignで裁ち落としの外にコメントを入れてみよう

DS課のOです。

この間、とある仕事でお客様の要望で「プリントの裁ち落としの外に確認用のコメントを入れてプリントを出してほしい」と指示がありました。

通常、デフォルトのままでは裁ち落としの外にパーツ等を配置しても、裁ち落としの内側しかプリントは出ません。

今回は、そのプリントの出し方を説明していきたいと思います。

▶用意するもの
InDesignのデータ(今回は仕上がりB5で、プリントはトンボを入れる都合上A4で作成してあります)

undefined

 

画像は上記データで、コメントは右上あたりに入れようと思います。

・ファイル→ドキュメント設定を選択し、

undefined

裁ち落としと印刷可能領域の項目で、印刷可能領域の数値を入力します(今回は裁ち落としより10mm確保したいので13mmにしてあります)。

undefined


すると、裁ち落としの外側に印刷可能領域のガイドが現れました。

undefined


・印刷可能領域のガイドの内側に、テキストフレーム等を使用して文字を入力して配置します。

undefined


・あとはプリントのテストをして正しく出力されていたら完成です。

もちろん、コメントを入れたままPDFへ書き出すこともできますので是非お試しください。

 


割り込み枠コマンド機能

MCB2課のGです。

 季節がすっかり秋になりました。台風の影響などで全国的にすっきりしない天気が先月から続いています。9月15、16日の社員旅行でも天気は予報から良くない方向でしたが、途中に晴れ間も見えるくらいに持ち堪えてくれました。おかげで自分も英気を養うことが充分にできました。社員旅行に行かれた皆さん、お疲れ様でした。

 今回も前回の『自動脚注機能』に続いて、便利な機能をご紹介したいと思います。今回の便利機能は『割り込み枠コマンド機能』です。この機能は前回ご紹介した自動脚注機能ができてから約1年後(2009年)に追加された機能です。下記の機能説明にもありますが、MCB2のコマンドタグを使ってボックス枠を作成するイメージで、様々な箇所で自由自在に使用できます。自分としてはボックス枠というイメージよりも「写研」の電算写植でよく使った、「小組」のイメージがあります。小組も体裁の指令だけで形にする(最も当時は画面で形が見られなかったのですが…)ので、設定とできる事が小組と近いと思います。

 この機能は文字をインラインのように使えたり、版面の外に配置したり、組方向、サイズ、フォントなども変えられるので「漢文」にあるレ点、返り点の作成は画期的に変わりました。その他、側注の作成も大変楽になりました。

 今までたくさんの便利な機能の追加やバージョンアップが、我が社の組版スピードを上げてきました。この先も技術の進歩と共に、さらに加速すると思います。このスピードに付いていける様に自分も走っていけたらと思います。

・割り込み枠コマンドの機能説明

undefined

 

undefined

 


← 古い記事