書体のバージョン

DS課のHです。

 主に,インデザインなど組み版ソフトを使用し,先方データのデータチェックと修正や責了・下版作業をしております。
 以前も書体関係の話は出ていると思いますが,作業をしていて書体の変更や,漢字の字形に対する修正がちらほらでてきているので,少しお話したいと思います。
 書体のバージョンで「Std/Pro/Pr5/Pr6」や,バージョンの後ろに「N」が付いているものがあります。
 「Std/Pro/Pr5/Pr6」はアドビシステムズ社が日本語フォント製品用に決めた規格で「Adobe Japan Character Collection for CID-keyed Fonts」に基づき作られています。

undefined

 

 上記図のようにStd < Pro < Pr5 < Pr6 と登録されている文字数が違いますので,上位バージョンから,下位バージョンに書体変更すると,表示できない文字が出てくることもありますので,要注意です。
 書体をお探しの場合は,登録されている文字数の多い「Pr6」のある書体を使用すると,後々漢字の旧字体や記号類などが数多く登録されていますのでお勧めです。
 問題なのが,2004年に改定されたJIS X 0213:2004規格で作られている「N」の付いているJIS2004字形の書体です。JISの例示字形と表外漢字字体表の印刷標準字体とが異なっている178字のうち,168字を印刷標準字体に変更し,10字を新たに追加しているそうです。
 例として,変更された168字を「小塚明朝 Pro R」と「小塚明朝 Pr6N R」でどのような違いがあるか下記表にしてみました。

undefined

 

 わかりやすい所ですと,しんにょう(辶)の点が2点(辶)になっていたりと,結構字形が変わっています。このように,同じ文字でも書体の規格により大きく字形が変わってしまうものもあるので,要注意して,書体変更の際は確認することが大事です。「N」の付いている書体は,書体名で違いが判断出来るのですが,問題なのが,PCやOSのバージョンなどにより,同一名書体で,規格が異なる書体があるので,データ入稿の際は特に,データ作成者のPC やOS のバージョンや使用書体名などのチェックが重要です。チェックシートが付いているとより安全に作業が出来ます。
 書体バージョンにより字形が変わってしまう事を理解することが大事たど感じましたので,今回お話しいたしました。最後までお読みいただきありがとうございます。

 


「マッチフォント」を使って画像内のフォントを検索する方法(欧文のみ)

システム部のNです。

唐突ではありますが、皆さんは組版データを扱う上でフォントが分からず困った事はありませんか?

私は文字修正の仕事をする際に「文字がアウトライン化されたものしかないのに、文字修正をしなくてはいけなくなった」という経験があります。
文字はアウトライン化してしまうと図形となってしまうため、フォント情報が失われてしまいます。これにより、以前まではインストールしているフォントリストから、同じまたは類似のフォントを1つずつ探す事になり、非常に時間が掛かっていました。

しかし〈Phtoshop CC 2015.5〉より追加された「マッチフォント」という機能を使えば、画像化する必要はありますが、その手間が省けるようになりました。
「マッチフォント」とは、画像内の文字から類似の欧文フォントを検索する機能で、パソコンにインストールしているフォントの他、Adobeが提供しているフォントサービス「Typekit」のフォントからも検索してくれます。

それではPhotoshopで実際に「マッチフォント」を使いフォントを検索してみます。

1.検索したいフォントが載っているデータを画像化してPhotoshopで開きます。
  (画質が高いほど類似フォントの検索精度は上がります)

undefined

 

2.選択ツールで文字部分を範囲選択します。

undefined

 

3.書式メニューの「マッチフォント」を選択します。

undefined

 

4.類似フォントの検索結果がパネルに表示されるので、使用したいフォントを選択してOKボタンを押します。

undefined

 

5.テキストツールに持ち替え、選択したフォントでテキスト入力して完了です。 

undefined

 


いかがでしょうか?同じようなフォントで入力できたかと思います。

このように「マッチフォント」を使用することで、類似フォントを候補として瞬時に挙げてくれるため、フォントを探す時間の短縮が可能になると思います。

ただし、現在この機能は欧文のみの対応で、日本語のフォントは非対応という事なので、非常に残念に思います。
将来的には、日本語も対応してくれるよう期待したいです。

 


拡張子の関連付け

三協美術印刷のTです。

三協美術印刷では過去の組版データは圧倒的にwin版Indesign CS5で作成されたものが多く、去年からはCC2015、2017で新規作成されたものが多くなってきました。

改訂版などで過去のデータを流用しようとしてファイルを単純にダブルクリックで起動すると、一番新しいバージョンのCC2017が起動してしまいます。対処法として右クリックから「プログラムから開く」→「既定のプログラムからの選択」で任意のバージョンを選ぶのですが、アドビ関連のプログラムはなぜかうまく起動してくれません。レジストリを書き換えればよいのですが、バージョンが変わる度に書き換えるのは面倒です。なにか簡単な方法はないかと思案した結果、各バージョンを起動するバッチファイルを作成するのが最良だと思いました。

作り方としては、まずコマンドプロンプトを起動させ、assocコマンドを使って拡張子に関連付けられているファイルタイプの確認をします。

undefined

 

assoc .inndと入力すると、拡張子「innd」のファイルタイプは、InDesign.Documentだとわかります。

次にftypeコマンドを使って現在のプログラムの確認をしてみます。

undefined

 

ftype Indesign.Documentと入力するとIndesign.Documentのプログラムは、C: ¥Program Files ¥Adobe ¥Adobe InDesign CC 2017 ¥InDesign.exeだとわかります。

ファイルタイプとプログラムの確認ができたので、あとはバッチファイルを作成します。

テキストエディタで新規ファイルを作成し、拡張子.inndに関連付けられているプログラムをcc2017からCS5に変更してみます。書き方は、ftype Indesign.Documentの後に、起動したいプログラムのパスを書けばよいだけです。

undefined

 

名前を付けて保存を選び、ファイル名を「InDesign CS5_start.bat」にして保存します。

undefined

 

この出来たバッチファイルをさっそく起動させたいところですが、もう一工夫する必要があります。管理者としてこのバッチファイルを起動させなければなりません。右クリックでショートカットを作成します。

undefined

 

このショートカットを右クリックしてプロパティの「ショートカット」タブの「詳細設定」をクリックします。

undefined

 

「詳細プロパティ」タブの「管理者としての実行」をチェックします。

undefined

 

これで完成です。このショートカット(バッチファイル)を起動させると以降InDesignファイルをダブルクリックすれば必ずCS5が起動します。

undefined

 

他にもいろいろ起動するバッチファイルを作成してみました。みなさんの一助になればと思います。

undefined

 


← 古い記事