印刷機の最大着肉サイズ

江戸川工場 工務Fです。

今回からブログを担当することになり、何を書けばいいのかと思っていましたが、日頃の業務に関係することを書こうと思います。

まず、今回は当工場の印刷機の最大着肉サイズについてです。当社の機械台数は全部で22台稼動しております。サイズ毎の機種で分けると5種類の機械に分類されます。当工場の印刷物のほとんどのものは、後工程を経て製品となる為、着肉寸法のことを考慮して印刷設計を立てる必要があると思われます。以下に一覧を載せますのでご参照願います。

undefined


以上が着肉寸法一覧になります。

機械構造上は、用紙幅方向及び咥え尻も全て着肉するようになっていますが、全部にインキを付けるとブランケットを汚し、それが用紙に反映され不良品が発生するので通常3mmの余白が必要とされているのでそれを考慮した着肉寸法となっております。

なお、A全機の菊全判用紙の着肉寸法については、機械の大きさが菊全機より小さい為に、以上の様な寸法となっております。

また、ベタ物に関しては、余白3㎜だと用紙が機械上でカールして排出されるためコスレ等の事故を引き起こします。そのような案件の場合は、余白を通常より余分に取っていただけるよう設計願います。何㎜余白を取ればよいかは、工場の方に相談して頂ければと思いますので宜しくお願い致します。

その他、後加工にてPP貼りがある場合の余白ですが、原則として咥え側は仕上がりより10㎜、咥え尻5㎜が必要です。その理由はPP加工時に用紙が機械の中を通る際、前の紙の咥え尻に次の紙が最低3㎜は上に重なって流れていく為です。

最後に中綴の場合には、ラップが最低7㎜は必要となりますのでその部分を着肉サイズに考慮しなければなりません。
以上の様に着肉サイズと後加工は密接な関係ですので日頃より注意して印刷設計に当って頂きたいと思います。

 

 


下版データから版出力

江戸川CTPのWです。

当社では、下版データは完全リップ済みデータのPDF(JDF-JOB)で本社より江戸川工場CTP室のサーバーへ下版されてきます。

会社により下版データという解釈はさまざまで、小規模な会社だと生データ(ネイティブデータ)DTPソフトのデータでも下版データといってるところもあります。もちろん安全なのはリップ済みデータです。当社で使用している大日本スクリーン製のJDF-JOB(Outline PDF)は汎用性もありデジタルポジと言われるくらいで、データの受け渡しにもまちがいないデータです。

しかし急な直し、1文字とるとかゴミを消すとかはできません。生データ下版の場合はできますが出力する時にリップする為、文字化け、面付けまちがい、スミノセ、かぶせなどの製版処理が出力する時になるので思わぬ出力結果になることがあるので非常に危険です。

また当社では大日本スクリーン製のEQUIOS,Trueflowで効率のよい2サイト運用で版を出力してます。

 undefined

 

undefined

 

基本的にはリップ済みページ面付けデータを受け取りFlatWorker SE大貼りソフトウエアで付け合せ、殖版、面付けの刷版設計をして出力します。ものによっては加減焼きをして出力することもあります。

小規模な会社などでは2サイト運用はしていないでDTP工程で出力してるところもあります。FlatWorker SE大貼りもオプションなので使用しないで出力しているところもありますが付け合せなどが非常に大変になるのと、刷版設計が細かく設定でません。

その点当社では2サイト運用でFlatWorker SE大貼りを使用してますのでmm単位で刷版設計をして効率よく作業しています。

undefined

 

刷版設計が完了したらいよいよ出力作業になります。出力には各機械別ドットゲイン値とアミ角度、スクリーン線数、ドット形状を選択して各出力機に出力命令をかけます。出力機は4台あり版サイズと特性を使い分け出力機に命令をかけます。

出力機はPT-R8900が2台、PT-R 8600が1台、PT-R 4300が1台あり最適な出力機に出力します。中でもPT-R8900は菊全で48版/時で高効率です。短納期、高品質が問われる時代に効率よくスピーディーに出力できます。

undefined

 

ざっくりとですが、下版データから版出力のワークフローを書いてみましたが、中間工程はどんどん短縮されていく傾向は加速されると思います。ゆくゆくはデジタル印刷機(版レス)が主流になる時代も近いのかもしれません。…???

すでにオンデマンドもだいぶすすんできていますので日々新しい技術に対応していきたいと思います。

undefined

 


お別れ

江戸川工場 工務Nです。

 先日、工場内の古い1色両面機を搬出しました。私が印刷オペレーターとして現役の時ですから、今から30年前に当時働いていた印刷会社でバリバリに動いていた機械と同型の機械ですが、当時はこの機械が沢山の印刷会社で動いていたのだと思います。その会社でも4台が稼働していましたし、三報社でも5台が稼働していました。時代の流れとともに紙面上に写真やアミが多く使われてくることによって徐々に印刷する物が減ってゆき新たな機械へと移行してしまいました。そして、ついに最後の一台がお別れの時がやってきたのです。
 この機械は、BBタイプといって紙に対して上下のブランケットでプレスされ印刷する方式でした。BBのBは「Blanket(ブランケット:ゴム胴)のB」を表しています。このタイプでは、今の圧胴タイプに比べると写真などの鮮明さが落ちてしまい品質を求められる現在では使える仕事が激減でした!!
 
 今回は写真を沢山撮りましたので皆さんに見てもらおうと、前に搬入時のピカピカの機械の写真を載せましたが、今回は使い込んだ古い機械です。中々機械の中を見ることもないかと、柄はデカいが中味は精密機械という印刷機が少しお分かり願えればと思います。

undefined

undefined

 

関西方面に運ばれて、海を渡ってどこかの国へ
国によっては、まだまだ現役です。

 


← 古い記事