色校正と本機印刷の差

江戸川工場のFです。

4月にM常務が退職されて新体制となり、はや2ヶ月余り経過しました。常務の功績を汚すことなく日々の業務を邁進して行っております。最近では私も現場から上がってきた刷物の色調チェックを行っておりますが、色校正と本機印刷との差異が必ずと言っていいほど生じています。今回はその件について書きたいと思います。

多色印刷による先刷インキに対する後刷インキが転移することを「トラッピング」と言いますが、それは刷る間隔(インターバル)や、刷り順によって変化します。
平台校正機では、先刷インキを十分に乾かせる間隔をとることが可能な為、後刷インキもしっかり転移することができます。また、刷り順を変えることも可能です。
印刷本機では、高速回転の為、先刷インキが乾ききらない内に後刷インキがのってきます。そのため後刷インキが十分にのりきらないのでトラッピング不良が起こり、色校よりもトラッピング部分の濃度が上がってこない現象が発生します。場合によっては、先刷インキが後刷インキに取られてしまいそのインキが後刷ローラ部に入り込んでインキ濁りを起こす「逆トラッピング現象」を起こすこともあります。その様々な現象が色校正と本機との色調の差になって現れます。
また、ドットゲイン量も本機と色校正では異なる為に小型印刷機ではよく実践していますが、CTP出力時にドットゲイン量を補正(網点を若干細らせる)して、最終的に同じような網点になるように工夫しています。それも一旦本機に掛けてからの判断なので時間的な手間が掛かってしまっています。
なお、補足ですがドットゲインには2種類あり、そのひとつは機械的ドットゲイン(印圧による網太り)、もうひとつは光学的ドットゲイン(紙の内部に浸透した光)です。光学的ドットゲインの方が機械的ドットゲインよりも大きい為、通常ドットゲインと呼ばれるのは光学的ドットゲインの方です。

以上のことを踏まえると平台校正と本機印刷での差異を無くすのは非常に困難な為、品質要求度が高い印刷物に関しては、可能な限り本機校正をしていただけるよう営業の皆様には、ご理解とご協力をお願い致します。

 


版について

江戸川CTPのWです。

今回は印刷の版について書いてみたいと思います。
自分は、デジタル版下製版出力の工程を経験してきて30年近くなりました。今ではCTP、PODを担当していますが、工程の変化には大変苦労したことも多々ありました。しかし版式については根本的には変わりませんので、印刷の要でもある版について説明してみたいと思います。

●平版
はんこのように凹凸がある版ではなく、平らな版。
平らな版なので画線部と非画線部が同一平面上にあり、それを区別するために水と油の反発現象を利用する版式。版材は薄いアルミ版でできているPS版を使うのが一般的で主にオフセット印刷機で使われる版式。
当社でもオフセット印刷なのでこの版式になります。

undefined

 

●凸版
インキが付く画線部が凸状、インキがつかない非画線部が凹状になっている。印鑑のはんこと同じ原理。版材には樹脂版などが使われる。主にフレキソ印刷に使われる版式。過去には活版印刷もこの版式。

undefined

 

●凹版
凹版は画線部が凹状になっていて、凹にインキを入れ、凸状の非画線部インキを付着させません。
版胴に直接彫刻します。主にグラビア印刷に使われる版式。

undefined

 

●孔版
スクリーンを版材として使用し、画線部にインキが通過するように穴を開けます。
版をスクリーン枠にセットし、枠の内側にインキをのせ、ヘラでインキを伸ばすことで画線部の穴から下に押しだし印刷します。主にスクリーン印刷で使われる版式。

undefined

 

●無版
有形の版を使用せず、データから直接印刷する方式。プリンターやオンデマンドはこの方式になります。
当社でもプリンターやオンデマンドはこの版式になります。

undefined

 


以上が基本的に分類出来る版式になります。
今回は原点を見直せる基本的なことを書いてみましたが、原点をわすれないよう今後の仕事に精進したいと思います。

 


印刷機の最大着肉サイズ

江戸川工場 工務Fです。

今回からブログを担当することになり、何を書けばいいのかと思っていましたが、日頃の業務に関係することを書こうと思います。

まず、今回は当工場の印刷機の最大着肉サイズについてです。当社の機械台数は全部で22台稼動しております。サイズ毎の機種で分けると5種類の機械に分類されます。当工場の印刷物のほとんどのものは、後工程を経て製品となる為、着肉寸法のことを考慮して印刷設計を立てる必要があると思われます。以下に一覧を載せますのでご参照願います。

undefined


以上が着肉寸法一覧になります。

機械構造上は、用紙幅方向及び咥え尻も全て着肉するようになっていますが、全部にインキを付けるとブランケットを汚し、それが用紙に反映され不良品が発生するので通常3mmの余白が必要とされているのでそれを考慮した着肉寸法となっております。

なお、A全機の菊全判用紙の着肉寸法については、機械の大きさが菊全機より小さい為に、以上の様な寸法となっております。

また、ベタ物に関しては、余白3㎜だと用紙が機械上でカールして排出されるためコスレ等の事故を引き起こします。そのような案件の場合は、余白を通常より余分に取っていただけるよう設計願います。何㎜余白を取ればよいかは、工場の方に相談して頂ければと思いますので宜しくお願い致します。

その他、後加工にてPP貼りがある場合の余白ですが、原則として咥え側は仕上がりより10㎜、咥え尻5㎜が必要です。その理由はPP加工時に用紙が機械の中を通る際、前の紙の咥え尻に次の紙が最低3㎜は上に重なって流れていく為です。

最後に中綴の場合には、ラップが最低7㎜は必要となりますのでその部分を着肉サイズに考慮しなければなりません。
以上の様に着肉サイズと後加工は密接な関係ですので日頃より注意して印刷設計に当って頂きたいと思います。

 

 


← 古い記事